男性不妊の悩み

男性不妊を体の中から治しましょう

検査の結果、何らかの数値的な問題(精子数、運動率、奇形率など)があると、最近では健康保険で出せる漢方薬を処方されることも多いようです。

代表的な処方では、補中益気湯、牛車腎気丸、八味地黄丸が多く処方されています。

萬育堂では、これらの他に動物系の生薬や高貴薬などを追加したり、選んだりすることで、良い効果を得ている方が多くいらっしゃいます。

薬は苦手という男性の方も多いのですが、サプリメントや健康食品の中にも、この目的のために役立ものが最近では増えています。

男性側の体の調子で、子宝に恵まれないという相談が増えています。

病院で検査をして数値的に良くないケースと、仕事や運動不足、食事の偏りなどから体調的に性的な欲求があまり起こらないといったことまで様々です。

「漢方薬」で男性不妊対策!

男性の場合も、「虚」と「実」のタイプがあります。

「虚」のタイプの方
「虚」のタイプの方は、補中益気湯や牛車腎気丸のような「補剤」を飲むと良いです。できればそれに海馬、海狗腎、狗腎などの動物系の生薬が配合された漢方薬がおすすめです。
これらの生薬は強壮剤として、昔から頻用されており、効果があり副作用の心配もほとんどありません。

あと、このタイプの方には亜鉛剤(胃腸が弱い方には酵母亜鉛がおすすめ)蟻の健康食品、牡蠣の健康食品、魚の浮き袋の健康食品なども補助的に服用すると良いようです。

「実」のタイプの方
「実」のタイプの方は、体の血液や腸、肝臓に余分な脂肪などをたくさん持っていることが多いです。
それと、仕事などで、神経的な疲れが溜まっていたり、運動不足から体の血液や水の循環が良くなくなったりして、精子の形成に良くない影響が出ていることもよくあります。

このタイプの方は、「虚」のタイプの方の薬を使いつつ、これらの体の不調をもたらしていることを運動、食事、睡眠などとあわせて漢方薬で改善すると良いです。

 

 

 

不妊症治療の費用の目安

女性 月12,000円ぐらい、お任せ20,000円から30,000円ぐらい
男性 月10,000円ぐらいから

※予算優先になりますので、お電話でご予約いただいてご来店下さい

食事で男性不妊対策!

あと、貝類や、木の実なども少しずつ毎日とるとよいです。

逆に、脂肪分の多い食品や、砂糖を多く使った食べ物は控えたほうがよいです。加工食品もなるべく避けることがよいとされています。

ネバネバするものが良いとされています。
山芋、オクラ、納豆などは、しっかりとりたいものです。

これだけは注意しましょう!

この治療はどちらか片方だけでは成り立ちません。
お互いに協力するような気持が大切です。

男性は、心情的に、検査や不妊治療に前向きになれない方が多いようです。
ですが、知らない間に、奥さん側にいろいろと押し付けていることに気づいてない方も、話していると結構お見えです。