漢方Q&A

漢方Q&A

Q.漢方薬はどんな病気に効きますか?

A.漢方薬は、すべての疾患・症状に対応できます。慢性病にのみ対応すると思われがちですが、急性の疾患特に風邪などに効き目を発揮します。他にもアレルギー、生活習慣病、不定愁訴(検査では異常がないが、身体に感じられるさまざまな不快な症状)の解消も得意な分野です。。

Q.漢方薬には副作用はないって本当ですか?

A.漢方薬も薬ですから、副作用はありますが、便秘・下痢、胃もたれ、発疹などの程度が軽いもので、これは生薬の選び方を間違ったものがほとんどです。漢方薬は長い年月に渡って臨床を積み重ねて使われてきて、危険な薬物は淘汰されてきています。また、自然の生薬を使っていますから新薬よりもずっと副作用はありません。

Q.漢方薬は新薬よりも効き目が弱いんですか?

A. 新薬は自然界に存在しない化学物質の成分を合成した製剤で、対処療法として用いられます。機能を活性化させたり、分泌を促したり低下させたりする制御作用があるので、熱や頭痛などの痛みを即座にしずめたり、血圧を下げるなどの効果が期待できます。 効果的なものは抗がん剤、抗生物質、降圧剤、せいさん剤、解熱・鎮痛剤、抗うつ剤です。それ以外の薬は漢方薬がよく効きます。新薬は即効がある反面、副作用が強く出ることもあります。一方、漢方薬は自然の生薬を組み合わせて作られており、長い年月に渡って臨床を積み重ねて使われてきているので副作用についてもわかっているので安心して使うことができます。漢方薬には即座に効果が出るものもありますが、長く飲みつづけることで体質を改善してゆく作用があるため、虚弱体質の人にも効果的です。 新薬にも漢方薬にもそれぞれの長所があるので、そのときの症状により、使いわけることをお勧めしています。

Q.漢方薬は長く飲み続けないと効き目がないっていうのは本当?

A.そんなことはないです。即座に効果をあらわす場合もあります。漢方薬には二面性があり、今起こっている症状を即効で治す作用と、体質を根本から治してゆく作用があります。飲みつづけることで体質を改善してゆくというのが漢方薬の利点ですが、そのことから、漢方薬は長く飲まなくては効果がないという誤解を生じているようです。実際には、飲んだあと1~2時間で症状を改善するという即効性のものも多いのです。例えば風邪などは1服で治ることも多いのです。

Q.漢方薬に保険は効きますか?

A.保険適応の漢方薬も増えてきています。

Q.市販の漢方薬は効かないんですか?

A.漢方治療は患者さんの症状、体質、精神状態、生活習慣などを細かく診断し、その人に合った最適な処方をしますので診断を受けて飲むほうがよいです。

Q.アトピー性皮膚炎なのですが漢方薬で治りますか?

A.アトピー性皮膚炎の漢方治療は対処療法と体質改善の2本立てで行うのが効果的です。かゆみや痛みなどがひどい時期には症状を抑える対処療法的な薬をし、症状が落ち着いている時期に体質改善の薬を使用して、アトピー体質を根本的に治療してゆくことが必要です。体質改善は漢方治療の得意分野ですから、アトピーには漢方薬は大変有効であると言えます。 小さなお子様の場合は薬の苦さが問題ですが蜂蜜といっしょに飲むなど工夫をして根気よく治療を続けることが必要です。

Q.ひどい花粉症なんですが効く漢方薬はありますか?

A.あります。アレルギー性鼻炎などは、比較的治しやすい疾患です。漢方薬と体質改善により、症状を抑えていくことができます。また、アレルギー性鼻炎には星状神経ブロックも有効です。

Q.冷え性で困っています。効く薬はありますか?

A.冷え性の薬は漢方薬しかありません。末端の冷え(手足の冷え)、おなかの冷え、外気による冷え(冷房病)など一言に“冷え”と言っても種類があり、各々によって処方が変わってきます。特に近年は冷房や冷蔵庫の発達と普及により、冷たい飲み物などを飲みすぎたり、冷房の当たりすぎによる冷え性が多いですね。漢方薬を服用し、生活習慣を見直し、体質改善を図りましょう。イライラしたり、気を使ったりし過ぎると、筋肉が緊張し、血管が収縮して、血行が悪くなり、ほおっておくと慢性の肩こりや頭痛を引き起こす原因になるので普段から注意することが必要です。もし、すでに肩こりや頭痛などの症状があらわれているようでしたら慢性にならないうちに神経ブロックを受けることをお勧めします。