風邪を引いたときの手当て

風邪を引いたときの手当て

■ 基本編

現代の医学では風邪を治す薬は無いと言われています。体を休めて体力の消耗を防ぎ、風邪のウイルスに打ち勝つ免疫力をつけることが肝心です。

1.まず、寝ること

充分な睡眠は何よりの薬です。体を安静にしてエネルギーの消耗を少なくします。

2.体を温めること

温かいスープやしょうが湯(風邪の食事療法のページ参照)などを飲んで体を内部から温めましょう。

3.栄養補給

発熱をしますと体力の消耗が激しくなります。栄養価の高いものを食べて、良質のタンパク質やビタミンやミネラルを補給する必要があります。特にビタミンCは免疫力を強化する働きや抗ウイルス作用がありますのでジュースなどで補給してください。

4.部屋を暖める

冬は20~25度の室温がよい。

5.部屋を加湿する

ウイルスは湿度を嫌います。乾燥している場合は、湿度を60%~80%に保つようにして下さい。

6.高熱、症状の急変

医師の診断を仰ぐ。特に体力の無い乳幼児、高齢者などは合併症に注意して下さい。

 


 

■ 初期の風邪(風邪を引いたかなと思ったら)

1悪寒(おかん)

ゾクゾクとする場合は、風門(首筋の後の飛び出た骨の下)を温める。熱いタオル、「こんにゃくを茹でてタオルでくるんだもの」、市販されているレンジであたためるものなどが便利です。急を要する場合は、あまりおすすめではありませんが使い捨てミニカイロを使う方法もあります。

2.のどが痛い

お茶、ルゴール液(薬局で売っています)などでうがいをする。ひどくなると声帯を痛めて、声がれになりますので気をつけて下さい。からしなどの刺激物や塩分の強い食べ物、タバコは控えてください。

3.くしゃみ・鼻水

鼻から侵入してくるウイルスや、異物を外に追い出そうとして、ヒスタミンなどの化学物質によって 、鼻粘膜の知覚神経が刺激されて起こります。また 、冷たい空気に刺激されても起こります。
くしゃみ、鼻水などの症状は乾燥が一番良くありません。室内の湿度を高くしましょう。
鼻の横を、中指を上下にしてマッサージをすると、鼻腔の血行が良くなって、刺激が緩和されます。

4.頭痛

こめかみの横のくぼんでいる所を指で軽く押えますと楽になります。激しい頭痛は他の病気が原因で起こっていることも考えられますので、医師の診断を受けて下さい。

5.首や肩のコリ

血行を良くしてマッサージをすると楽になります。熱がなければ入浴して体を温めて、軽くマッサージをします。風呂に入れない場合は熱いタオル、あたためたこんにゃくなどを首や肩に当ててからマッサージをします。

6.発熱時の手当て

体を休めて安静にする。汗をかいた後は体を拭いて肌着を着替えます。肌着を着替えるとき、体を冷やさないように、冬は部屋を暖めて手早くします。

7.足湯

浅めのバケツなどの容器に43~44度のお湯をそそぎ、両足をふくらはぎまでつけて、10分くらいあたためます。全身の血行がよくなり代謝を高めます。<